東京:050-1746-0155 大阪:06-6209-8050

自動車学校におけるSNS(Facebook、Twitter、LINE@)集客

来校者、見込み来校者を自社の「ファン」化し、コミュニティを築くことで、 拡散を行い、継続的な新規来校者獲得を行います。

SNSは、直接的な問合せ・資料請求・来校申込みよりも、

長い目でのユーザーとの関係づくりをめざすツール

として使用するのが効果的です。

来校者、見込み来校者などのユーザーとの信頼関係を深めることで新規来校者獲得を目指します。

Facebook、Twitter、LINE@など、それぞれの媒体の特徴を捉えて最大限活用する

SNSとは「Social Networking Service」の略で、人と人とのコミュニケーションを主な機能とし、人と人とのつながりを促進・サポートするコミュニティ型の会員制サービスです。現在日本では、Facebook、Twitter、LINEなどが主流になっています。ソーシャルメディア集客に、大きな可能性があると感じながらも、上手く活用できていないとお悩みの方が多いのではないでしょうか。
弊社ではFacebook、Twitter、LINE@などそれぞれの特徴を捉え、最大限活用する事でお問い合わせに結びつけます。

マックスヒルズのSNS(Facebook、Twitter、LINE@)

Facebook

弊社ではFacebookページの作成から、Facebook広告の運用なども行っております。Facebookは「いいね!」を押させることによる口コミ・広告、情報の拡散が期待できます。また、Facebookイベント、Facebookチェックインクーポンなどを活用することにより、ユーザーへの来校促進も可能となります。

Facebookページ制作

自動車学校の場合、サービス案内などが中心で、どちらかと言うと雰囲気が伝わりにくいホームページが多い中、しっかりと授業の様子などを見せ、実際の雰囲気を上手く伝えることが重要です。また、定期的に行われている「短期集中免許取得キャンペーン」などのイベントに関しても、写真を交えたコンテンツで実際の様子などを紹介し、誰もが気軽に参加しやすい雰囲気をつくることも大切です。もちろん教習所の様子だけではなく、自動車に関する情報や知識などもコンテンツとして豊富に投稿します。自動車学校には関心がなくても、自動車が好きな人が楽しめて、興味を持てるコンテンツを提供し、最初の接点をうまく作ることが来校につながります。

Facebook広告

Facebook広告で大切なのはターゲティングの精度を高めることです。Facebookの強みは、会員の細かい属性データや趣味嗜好・行動データが蓄積されていることです。データに基づいてきめ細かいターゲティングを行うことで、広告効果を高めます。広告目的としては、「ウェブサイトへの誘導広告」です。Facebook広告から御社のFacebookページやホームページに着地させ、「いいね!」と思ってもらえるようにナーチャリング(育成)していく方法が効果的です。ソーシャルメディアの特性を踏まえ、短期的成果を追い過ぎず、コツコツとファンを増やし、コミュニティを形成し、お問合せに結びつけます。

Twitter

期間限定キャンペーンなどのリアルタイムの情報を配信し、拡散できるのが特徴です。上手く活用することにより、ホームページのアクセスアップ、新規来校者獲得に繋げていきます。まずはフォロワーを増やし、告知を増やし、フォロワーと対話していくことが大切です。とても根気のいることですが、ホームページと合わせて、Twitterも高品質なものにして行くことで、お問合せへと結びつけていきます。

w

LINE@

LINE@とは、法人・個人問わず、あらゆるユーザーがコミュニケーション・ビジネス用途で活用できる公開型アカウントです。SNSの中でもっとも国内利用者が多いとされるのが「LINE」です。圧倒的なユーザー数を誇るLINEを自動車学校がどのように活用するのか?友だち登録した教習所の生徒さんや、見込み客に、割引クーポンやメッセージ配信などを行うことでお問合せの促進を促します。LINE@は、導入ハードルが低く気軽に始められ、機能面でもさらに使いやすくなりました。今、最も旬なツールの一つであり、今後のWEB集客のスタンダードになる可能性を持ったSNSです。

h
多くの自動車学校のお客様とお取引実績がございます。