国内スポーツクラブ 集客の現状と課題レポート2016

無料レポートダウンロード

国内スポーツクラブ 集客の現状と課題レポート2016

 

スポーツクラブ集客で成果を上げるための方程式~チラシ依存の現状とその脱却について~

新聞の購読率の低下や、顧客の購買行動の変化とスマートフォンの普及率の劇的向上により、スポーツクラブにおけるマーケティング活動の重要性が急速に高まっています。

 

このような背景のなかで、スポーツクラブの業態別・規模別における集客方法の確立は急務と考えられます。マックスヒルズでは2014年度からスポーツクラブ入会の際にきっかけになった広告媒体の調査を始めました。調査を通じて分かったことは、スポーツクラブへの入会の75%はたった3つの広告媒体「Web」「チラシ」「紹介」で構成されているということでした。

 

本レポートでは、入会の際にきっかけになった広告媒体の調査を踏まえ、さらに規模別の調査と、顧客獲得コストとの関係性まで踏み込み、集客が成功するための条件と、スポーツクラブにおける広告費配分のあるべき姿について考察します。

 
equation05

無料レポート スポーツクラブ集客で成果を上げるための方程式

~チラシ依存の現状とその脱却について~

調査概要


l

目的:国内スポーツクラブの集客の現状と課題の抽出

l

回答方法:アンケート調査

l

実施期間:2016年4月18日(月)~2016年7月1日(金)

l

有効サンプル数:113

調査サマリー


今回調査した「国内スポーツクラブ集客の現状と課題2016」は、スポーツクラブ集客の広告宣伝における調査です。国内スポーツクラブで利用されている広告媒体と、課題、入会広告費について調査しました。その結果以下の現状が明らかになりました。
U

施設規模に関わらず、スポーツクラブでは「Web」「チラシ」「紹介」とバランスのよい広告展開を心がけている

U

会員数500人以上の施設になると「チラシ」への依存度が高い

U

スポーツクラブ集客の悩みは、「Web集客を導入したい」に高い比率が集まる

U

顧客獲得単価の目標金額は7,957円、現状10,483円 目標金額と現状に2,526円の乖離がある

一部のスポーツクラブではWeb集客を取り入れて活用できている一方で、まだまだWeb集客の成果を得られないクラブも多いようです。また、チラシ集客をしつつエリアマーケティングを行って、より効果の高い配布ルートを探しているクラブがあることも分かりました。

このレポートは無料でダウンロードすることができます。

下記のフォームに入力し、無料レポート「スポーツクラブ集客で成果を上げるための方程式~チラシ依存の現状とその脱却について~」を ダウンロードしてください。
このあと、ダウンロードURL付きのメールをお送りいたします。そちらのメールより資料をダウンロードしてください。