新入社員の飯島さんにインタビューを行いました


皆さん、こんにちは。インターンの廣田です。

今回はマックスヒルズの飯島さんにインタビューを行いました。
飯島さんは2018年の4月にマックスヒルズに入社しました。

現在はインサイドセールスとして当社のSNSを使って口コミ・紹介からの集客を促進するサービス「クチコプレミアム」に興味を持った人に電話をかけてアポイントをとったり、トライアル中のお客様のフォローを行なっています。

インタビューでは飯島さんに学生時代のことや入社してから1年で感じたことや自身の変化、マックスヒルズで実際に働いてみて感じたことなどを聞いてきました。

 

どんな学生時代でしたか

2年制の専門学校でスポーツビジネスを専攻していました。
プライベートはアルバイトに明け暮れていました。

いつから就職活動を始めましたか。

2年生の5月から説明会などへ参加し始めました。
大学で行われていた説明会でマックスヒルズに興味を持ち、直接連絡をとりました。

マックスヒルズに入社を決めたポイントはなんですか。

高校生の頃から興味のあった広告代理店であったことと、学校で専攻していたスポーツビジネスに携わることができるので入社を決めました。

仕事でやりがいを感じるときはどんな時ですか。

アポイントを取るために電話応対のトークや切り返しを試行錯誤しながら自分で考えています。
なので自分の考えたトークでアポイントメントが取れたときはとてもやりがいを感じます。

仕事をする上で大切にしていることは何ですか。

報連相を大切にしています。
相手にわかりやすく、かつ自分の意見や考えも入れながら行うことを意識しています。

入社当初と現在で自分に何か変化はありますか。

入社当時は社会人として当たり前のマナーや言葉遣いなどができていませんでした。
しかし現在は社会人としての常識が身につき当たり前のことを当たり前にできるようになりました。

5年後または10年後どうなっていたいですか。

現在はインサイドセールスの目標である1日1アポを達成できていません。
なので、まずは1日1アポを当たり前に達成できるようになりたいです。

マックスヒルズのいい部分はどのようなところですか。

働く環境はとても整っていると思います。一人一人のコミュニケーションが多いことや、効率の良い営業活動、オフィスもすごく綺麗です。
入社1年目ではなかなか味わうことのできない環境で仕事ができています。

逆に悪い部分はどのようなところですか。

現在、マックスヒルズのオフィスがある東京と大阪の企業しかアポイントを取ることができません。
なので、もっと多くの地域に対してマックスヒルズのサービスを普及できるようになればいいと思います。

最後に就活生に一言お願いします。

僕は内定をいただけたのが3月ととても遅かったです。
しかし、結果的にこんなにいい会社に就職をすることができました。
なのでしんどい時期もあるかもしれませんが自分のやりたいことを見失わず、最後まで諦めずに頑張ってください。

 

飯島さんありがとうございました。
私も飯島さんを見習ってただ伝えるだけの報連相ではなく「自分の意見や考えを入れた報連相」を意識したいと思います。