情報があふれる現代、注目される広告って?

  • LINEで送る

こんにちは、マックスヒルズ制作部の藤林です。

ネット、テレビなどから毎日たくさんの情報を得ている現代の人は

情報の取捨選択により決断疲れに陥っていると言われています。

これを避けようと、興味のないものは無意識にスルーされてしまいます。

 

広告に気づいてもらうだけでも大変!

関心のないことは目に見えていても、聞こえても、認識しません。

お客様に行動してもらう第一歩は気づいてもらうことです。

注意を引くには様々なテクニックがありますが、

今回はその中の一つをご紹介したいと思います。

 

自分のことだ、と思わせる

フィットネスクラブへの入会を検討している人は、

自らwebで検索をし、チラシもチェックし、 街を歩いていても

自然とフィットネスの看板が目に飛び込んできます。

これはその人がフィットネスクラブにアンテナを張っているからです。

 

人は「自分ごと」に敏感

DMやメルマガに「〇〇様へ特別なお知らせ」と書かれていると、注意を引きます。

人は自分に関係のある情報に敏感です。

興味のあることにはアンテナを張り、自ら情報を得ようとします。

これを利用し、お客様の目に止まってもらう工夫をしましょう!

 

多くの人がアンテナを張っているものとは?

例えばフィットネスへ興味を持ってもらうために、

フィットネスクラブに通うとどんなメリットがあるかを提示するのは1つの手です。

本屋に行くといつも売れ筋コーナーにあるように、いつの時代も

ダイエット・健康・美容は多くの人が興味を引くジャンルのようです。

これらと密接に関わっているフィットネスクラブが利用しない手はありません。

 

ターゲットを絞り込む

全ての人に刺さるキャッチコピーはありません。時には特定のターゲットを捨てる勇気も必要です。

ある程度対象を絞り込むことで「私のことだ!」と興味をひいてもらう可能性が高くなります。

ターゲットが狭くあるほど、対象者を強く惹きつけることができると言えます。

 

しかし、ピンポイントであるほど反応がある、というわけではありません。

例えば商品やサービスの認知を広げるためにはターゲットを広く設定し、

実際の購買活動を狙う場合にはピンポイントに設定するなど、使い分けが重要であると言えます。

 

いかがでしたでしょうか。

「私に関係のあることだ!」と思っていただくことで

あふれる情報の中からお客様の注意を引きつけてみましょう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

お問い合わせはお気軽にご連絡ください。(制作部)

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。