Web集客

チラシとリスティング広告の違いを理解して、web広告にスマートにシフトしよう!

皆さま、こんにちは。 半径5km商圏以内のローカルビジネスの集客をお手伝いしている、マックスヒルズの廣見です。

ご存じの方も多いかと思いますが、近年のフィットネス業界は余暇市場の中でも市場が伸び続けている業界です。平均すると半径1km以内のなかに「15店舗以上」もの競合店が立ち並ぶこともめずらしくなくなりました。

競合店は増える。しかし、その一方ではお店を利用するであろう人口は減少しています。人口減少に伴ってチラシの購読者も比例するように減少…。もうチラシからの集客には頼れなくなってきました。それではこの先、どのような対策が必要でしょうか?

続きを読む

Webからの申し込み者を2倍にする具体的方法

皆さま、こんにちは。 半径5km商圏以内のローカルビジネスの集客をお手伝いしている、マックスヒルズの廣見です。

今回は、Web集客の具体的な改善方法についてお話していきます。Web集客のメリットはユーザー数が多い点ももちろんありますが、「リーチが可視化できること」に魅力を感じています。つまり、広告の良し悪しの判断がしやすところがメリットになってきています。

続きを読む

Googleツール「Page Speed Insights」でモバイルサイトの速度を測定。改善点を見つけよう!

皆さん、こんにちは。マックスヒルズの三宅です。企業のサイトもまだまだパソコンが主流ですが、営業先や電車からなど、スマホから何でもできるようになってきました。スマホがあれば移動中や出張先でも、サイトの閲覧、検索、マップ、ファイルの送信・受信など何でもできます。

ホームページやランディングページなどを作る際、スマホ画面でもきれいに見れるようにサイトをレスポンシブ対応にしている企業も多いと思いますが、実際に電車内などで自社のブログを確認しようとした際、読み込みに随分と時間がかかると感じたことはないでしょうか。

そこで、今回のブログでは、弊社のサイトを事例に、Googleのページチェックツール「Page Speed Insights」を使って、モバイルサイトの速度測定をしていきたいと思います!

続きを読む

リスティング広告の設定にチャレンジ!~社内研修レポート~

こんにちは、マックスヒルズの廣見です。

マックスヒルズでは先日、社内向けに「リスティング広告」の実践版の研修を行いました。

スポーツクラブ業界においても、インターネットの普及により入会前に8割の方がWebを見て入会している状況です。広告業界においても広告予算は、テレビ広告を抜いてインターネット広告に比重をおく企業が増えています。今や、リスティング広告は集客に欠かせない存在となってきました・・・!

続きを読む

検索広告の次に取り組む広告とは?~スポーツクラブのリスティング広告(8)~

こんにちは!マックスヒルズの廣見です。

スポーツクラブへの入会を検討しているお客さまは、必ずといっていいほどインターネットで検索をし、『どこのスポーツクラブに通おうかな?』や『通うのどうしようかな?など比較検討を行います。

その検討期間は平均45日くらいなので、検索広告から自社サイトに訪れてもお客さまはどうしようかを結構長い期間考えいることが分かります。

この検討期間はずっとサイトを見ていないのですべての方が一度サイトから離脱します。

今回ご紹介する、リマーケティング広告はサイトから離脱したユーザーに対して広告を出す仕組みになります。

続きを読む

リスティング広告は設定してからが本当のはじまり~スポーツクラブのリスティング広告(7)~

こんにちは!マックスヒルズの廣見です。

検索広告やリスティング広告を運用していると『リスティング広告や検索広告は1回設定したらもう終わりですよね?』『毎月、何かやることあるんですか?』という質問を受けることが多々あります。

では実際に費用対効果を向上していくために、多くの集客を行うためにどのような事を行う必要があるのか?をお伝えして参ります。

続きを読む

リスティング広告のリンク先には「ランディングページ」を!〜スポーツクラブのリスティング広告(6)〜

こんにちは。マックスヒルズの廣見です。前回のメルマガでは、「Webサイトの接客不足に注意すること」をお伝えしました。たくさんの人が広告経由でWebサイトに訪問しているにも関わらず、もしもお問い合わせ数が少なければ、「接客不足」を疑ってみましょう。施設のことを丁寧に説明できているかどうか、見ている人の疑問を解決できているかどうか、見込み客の気持ちになって一度見直してみてください。

基本的な情報は整っているにも関わらず、反響が出ない場合。「では、どこを変えば良いの?」という疑問が出てくると思います。まずは、広告の流入先がランディングページか、Webサイトか、その違いによって反響は変わってきます。

続きを読む