「明日から実践できるスポーツクラブの集客セミナー」大阪にて開催。当日の様子をレポートします!

  • LINEで送る

みなさん、こんにちは!
マーケティングを担当している原と申します。

2019年12月17日、大阪にて『明日から実践できるスポーツクラブの集客セミナー』を開催致しました!
参加者の皆様は、師走でお忙しい中、貴重なお時間を頂戴頂きありがとうございます。

少しでも、集客にお悩みを抱えている方のお役にたちましたら幸いです。

場所は、大阪駅近くの「アットビジネスセンター大阪梅田」と好アクセス。参加者の期待も高まる中、今回は当日の様子をレポートします!

今回のセミナーテーマは?

今回のセミナーのテーマは4つです。

①スポーツクラブ新規出店の販促戦略

②広告予算を増やさずにWeb広告にシフトするための3つのステップ

③リスティング運用で成功するランディングページのポイント

④紹介キャンペーンの成功事例7選

 

セミナー参加のメリット:プロに直接質問が出来る!

マックスヒルズの廣見や、デザイン制作の税所、といった各担当者に気軽に直接質問が出来るのは、セミナーのメリットです!

お問い合わせや電話をする程のことでも無いけれど、少し自身の状況を説明して、集客の相談したいな。
スポーツクラブの集客って、他のところはどうやってやっているんだろう?そんな些細な動機からでも参加は可能です。

それでは、早速、セミナー当日がどのようなものだったのか、レポートしていきたいと思います。

フィットネスクラブ市場の推移を知る

まず初めに、廣見から「スポーツクラブ市場の推移」について、大きな視点のマクロと、小さな視点のミクロの両側から説明がありました。

まず、大きな視点から言いますと、日本の人口減少はこれからどんどんと進んでいくでしょう。

さらに、繁華街や駅近エリアといったいわゆる「人気エリア」では、多種多様なスポーツジムやクラブが出店を重ねています。

小さなエリア内での会員獲得をめぐって、熾烈な戦いになってしまうことが推測されますね。

いよいよ新規出店!さて、新規会員はどうやって集める?

新規出店の成功において重要なのは、新規会員をどうやって集めるか、ということです。

マックスヒルズでは、「内覧・体験スタート」のタイミングから、最低45日前には販促をスタートすることをオススメしています。

因みに、45日というのはスポーツクラブに入会する際の平均検討日数です。

なぜオープン日ではなく、内覧・体験スタートなのかと言いいますと、スポーツクラブに新規入会する際に7割の方が実際の店舗を見て検討したいと回答している為です。

チラシから、ターゲットを絞れるWeb広告へ

第2部では、カスタマーサクセス担当の三好から「Web広告」について説明がありました。

また、今までスポーツクラブ集客のメイン媒体であった折込チラシが新聞購読者数の減少により媒体としての集客能力が低下してきておりチラシにのみ依存しているのは大きなリスクになってきています。

そこで代替案としてマックスヒルズがオススメしているのは「検索連動型広告(リスティング広告)」と「属性に対する広告」といった「Web広告」です。

スマホでまず検索する、というのが当たり前になってきました。

スポーツクラブを検討する際、まず検索などで「パーソナルトレーニング 〇〇〇(地名)」といったような探し方をしている人は多いですよね。

検索するキーワードに対して表示される広告なので顧客ニーズにマッチしているので、チラシよりターゲットを絞ることが出来ます。

また、SNS等では、興味関心で分けたターゲットに対して広告を発信することが出来ます。

ざっくりとした概要説明だけになってしまいましたが、より詳しく知りたい方はこちらのブログも参照下さい。

★参考ブログ:チラシの予算を削減する二つの考え方【Web広告にシフトするための効果的な3つのステップ(1)】

ランディングページは、Web上の優秀な営業マン

第3部では、デザイン制作担当の税所から「リスティング運用で成功するランディングページのポイント」について説明がありました。

ランディングページとは、Webサイトとは異なります。

簡単にいうと、見せたいものを絞って伝える広告・特設ページ、という認識でよいと思います。

「パーソナルトレーニング 〇〇〇(地名)」で探した人が、リンクをクリックすると、そのページに繋がります。下記のスライドにもあるように、検索した人に対して、ビビビッとくるような導線構成を作ることが重要です。

やはり根強い「口コミ」からの入会!

第4部では、インサイドセールス担当の新井から「口コミ・紹介キャンペーンの成功事例」について説明がありました。

時代の変遷もありますが、何だかんだで根強いのは、人から人への「口コミ」。

特に、スポーツをはじめとする体験型の商品は、「やってみてどうだったのか?」という実際の声や体験談を重視します。

マックスヒルズでは、特許取得済みの口コミアプリ、「クチコプレミアム」を開発しました。

出来る限り抑えた広告費で、会員の友達や家族といった「信頼出来るつながり」から紹介を広げていく「紹介キャンペーン」を近年、強くお勧めしています。

★クチコプレミアムについての詳細はこちら

LINEをはじめとするSNSで紹介キャンペーンが可能となり、大変便利なシステムになっております。

その成功事例として、いくつか紹介をしましたので興味がある方はご参考下さい。

★成功事例:導入後、月10名以上の口コミ・紹介集客に成功。クチコプレミアムは全く新しい集客方法として注目しています

まとめ:新規店舗で会員を獲得するには?

下記がまとめのポイントとなります。

————————————————————————————————

告知前の準備として商圏調査と競合調査を行い集客戦略を策定する

広告戦略としてはWeb・紙・紹介を   に基づいて最適に組み合わせる

集客スケジュールは日にち単位で管理を行いPDCAを回せる環境を整える

————————————————————————————————

人口減少や、競合店舗…その中で分析して「戦略をたてる」といわれても!と、耳の痛い話かもしれません。

「今後その中でどうして、いけばよいのか?」「競合と自分の店舗、違いを出していけばいいのか?」が重要。

ですが、それを自力で行うことは、時間も労力もかかりますし、難しいことだと思います。自らの状況を【客観視】することは、意外に難しいのです。

そういった部分で、マックスヒルズは集客のプロとしてサポートしていけたらと思っております!

以上がセミナー当日のレポートでした!
参加者の皆様は、メモを取りながら、登壇者の話に対して真剣な眼差しで聞い下さっており、

開催側としては、大変嬉しく思います!参加された皆様は、お忙しい中ご参加頂き、誠にありがとうございました。

残念ながら都合がつかず、今回セミナーにご参加頂けなかった方でも、
紹介キャンペーンや集客について質問がございましたら、担当者が回答をさせて頂きますので、
気軽にこちらより無料相談お問い合わせ窓口をご活用下さい。

それでは次回ブログもお楽しみに!(原)

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。