Webからの申し込み者を2倍にする具体的方法

  • LINEで送る

皆さま、こんにちは。 半径5km商圏以内のローカルビジネスの集客をお手伝いしている、マックスヒルズの廣見です。

今回は、Web集客の具体的な改善方法についてお話していきます。Web集客のメリットはユーザー数が多い点ももちろんありますが、「リーチが可視化できること」に魅力を感じています。つまり、広告の良し悪しの判断がしやすところがメリットになってきています。

Web広告では、100人に一人がアクションを起こしてくれる

Web広告は、表示された時点で、どれだけクリック数があったか数値で見ることができます。これまでの統計から広告が表示されてからクリックされるまでのパーセンテージは約1%。更にホームページを閲覧した人が、お問い合わせをするパーセンテージが約1%と言われています。つまり、広告が表示されてから100人に1人が、何らかのアクションをおこしてくれる計算になります。

この数字を認識しているだけでも広告はしやすくなります。いかに多くのユーザーの目に触れさせるか?集客数を向上させるには、まずは自社のwebサイトの訪問者数を増やすことが大切なのです。

単純に考えて1人の新規入会者が欲しければ、100人の人に情報が届けられれば実現可能だということが予測できます。5人を目標数としていれば500人に情報が届けば実現できる数字と考えられます。

費用対効果をあげるための対策を考える

統計上の数字が1000人に1人、だったとしても、そこから費用対効果をアップさせるための方法はいくつか考えられます。

上の表をご参照ください。Web広告の予算が10万円で、クリック率を1%、2%、3%と上げても費用対効果にはまったく影響が出ていません。コンバージョン(CV)率を上げなければ、申し込み数自体変わりませんので、 いかにコンバージョン率を上げていくことが課題になってきます。

※コンバージョン率(CVR)とは、Conversion Rate(コンバージョンレート)の略で、Webサイトに発生したアクセスのどれだけがサイトの成果=コンバージョン(商品の購入や申込み)を達成したかの割合を表す指標のこと。「コンバージョン率(CVR)=コンバージョン数 / 訪問数(セッション数)」で求めるのが一般的。例えば、1000件のセッションで10件のCVを獲得した場合はCVRは1%となります。

Webからの申し込み者を2倍にする方法

これまでの弊社の実績から、コンバージョン率を上げるには、販売ページを設けることをおすすめしております。自社のWebサイトに広告を促していくよりも、販売を目的としたページ(ランディングページ)に集客を促していくことで、大きなコンバージョン率の変化が出てきます。

【参考】

★自社Webサイト http://tagtennis.com/
★ランディングページ http://tagtennis.com/taglp/

販売ページ(ランディングページ)は、 自社の魅力やサービスの内容を十分に伝えることができます。

また、Web広告で可視化することで、費用対効果を上げるための改善が十分にできますので、すぐに効果があらわれなくとも、折り返し改善し続けていくことが非常に重要なことなのです。

まとめ

次回のブログでは、Web広告にシフトするための3つのステップをご紹介いたします。限られた広告予算をいかに効果的に配分するかも踏まえノウハウをご紹介します。どうぞお楽しみに!(廣見)

 

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。