ランディングページは〇〇させるためのページ 〜ゴールの設定が大切!〜

  • LINEで送る

みなさまこんにちは、マックスヒルズ制作部の藤林です。

Web集客の定番であるランディングページですが

一般的なWebサイトとランディングページとの

違いは何でしょうか。

ランディングページとは?

ランディングページ(LP)はコンバージョンを最大限に高めるためにデザインされたページ

1ページで完結しているのが特徴です。

コンバージョンとはWebページにおける最終的な成果のことで、目指すゴールによって異なります。

例えば、スポーツクラブのLPでも

・無料見学に来てもらう

・体験に来てもらう

・入会してもらう

など様々なゴールがあります。

LPの制作に入る前に、まずはコンバージョンの定義を決めておくことが必要です。

 

コンバージョンは欲張らない

1つのLPで達成したい目標は1つにしておきましょう。

売りたい商品、サービスだからといって複数を紹介すると

訪れたユーザーは選択肢が多い故に選べなくなり、結果離脱してしまい、

コンバージョン獲得を逃してしまうことにも。

複数の紹介したい商品・サービスがある場合は

1つの商品・サービスにつき1つのランディングページを用意するのが良い方法です。

 

心理的ハードルの低いゴールを設定する

LPを見て、このスポーツクラブいいな、と思った来訪者がいても

「今すぐ入会して1年間フルタイム会員になる」

といったボタンしかないとクリックするのに戸惑ってしまいます。

できるだけ心理的負担の少ないコンバージョンを設定することでユーザーは反応しやすくなります。

コンバージョンの一例を表にしました。

心理的ハードルが低いほど、コンバージョン率が高くなる傾向があります。

設定したコンバージョンの種類によって、LPの内容・デザインも変わってきます。

まずはランディングページで何をしたいか、具体的に目標を決めることが大切です。

 

いかがでしたでしょうか。

情報を提供するのが一般的なWebサイトとすると、

ランディングページはユーザーに行動を起こさせるためのWebページということになるんですね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

お問い合わせはお気軽にご連絡ください。(制作部)

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。